漢方アロマ・推拿整体とは

漢方アロマオイルについて

五行理論

 「漢方アロマ」とはアロマセラピーに「中医学の理論」と 「漢方」の力を合わせた新しいアロマセラピーのことです。

 

DearHで使用する漢方アロマオイルは最先端の技術で抽出された純天然の東方アロマ精油です。

漢方アロマセラピーに最適で、東洋医学の理論の中核となっている「五行理論」に基づいて、作られたオイルです。

「陰陽五行理論」は、古代インド、中国の哲学から派生し、それが農業や医学、風水などにも応用された自然科学で、 自然界の様々な変化や関係を、「木・火・土・金・水」の五つの要素に分類しています。

 

木  

木はのびのびと上に向かって伸びる。圧迫を嫌う。木が燃えて火を生む。 根によって土から養分を奪い、土が乱れないよう根で統括している。

 

火  

火は燃えてものを温め、温度が上昇する。ものを燃やして土を生む。 熱で金(金属)を溶かし、転化させる。

 

土  

土は収穫や豊かな栄養を表す。土が凝縮し固まることによって金を生む。 土によって氾濫する水を押しとどめる。

 

金  

金は鉱物。収斂するはたらきを意味する。鉱物から水が湧き出る。 金(金属でできた刃物)によって木を切り倒す。

 

水  

水は冷やし、潤す。上から下へ流れる性質。水を与えることで木が育つ。 水によって火は消される。

 

五行理論

この五つの要素が、お互いの性質を助け合ったり(相生)、打ち消し合ったりする(相剋)ことで、あらゆるものはバランスを保っていると考えます。

 

この「五行説」を身体に応用したのが「五臓」です。

 

木=肝

火=心

土=脾

金=肺

水=腎

「木・火・土・金・水」の特性を備え相生関係と相剋関係を保ちながら、お互いのバランスを保っています。

なお、「五臓」の考え方は、西洋医学でいう臓器とは異なる考えです。

 

東洋医学・陰陽五行理論の考え方に基づいて、お客様のココロとカラダがどのような状態なのかを5つの要素に当てはめます。

広い範囲での機能を指す考え方ですので、「私って肝臓が悪いんだ!病気なんだわっ」とかいう意味ではありません・・・。

 

そして、漢方アロマオイルは、五臓に良いとされている漢方成分を抽出し、ブレンドされてます。

 

例えば 肝=柴胡、人参(オタネニンジン)など 心=川芎など 脾=紫蘇など 肺=辛夷など 腎=黄シ、霊芝など 経穴(ツボ)から入って経絡を巡り、それぞれの帰経(経絡と関係)となる臓腑、そしてその臓腑と深く関わる器官に働きかける漢方オイルは、鍼灸や漢方薬をより身近な形で取り入れる手法と言えます。

 

推拿 (すいな) 整体について

推拿すいな整体は、漢方医学や中医学の発祥の中国で何千年も昔から病気を治療したり、健康を維持する事を目的として行われてきた養生法の整体です。

中医学では、人間が生命活動を維持していくには、氣・血・水(津液)と呼ばれる3つの基本的な物質が必要であると考えられており、身体にはこれら物質を全身に運ぶためのいくつものルートがあるとされています。

このルートが「経絡」であり、経絡上に重要なポイント「経穴」(ツボ)があります。 経絡は身体の内側から体表まで全身を巡っています。

経絡の大部分は体内の深部(内臓)に繋がっていて全身の機能を正常に維持する機能をもってます。

 

推拿すいな整体では、「経穴」(つぼ)にアプローチすることによって、経絡を通じて関連する内臓や器官への刺激となり、また体表にある経絡にマッサージを施すことによって内臓や器官の機能を整えることができるというのが特徴です。

 

マッサージには、凝りをほぐす目的で筋肉にアプローチするもの、静脈血やリンパの流れを促すものなど、さまざまなタイプがありますが、推拿すいな整体理論を根本に、他の手技と漢方アロマオイルを融合させた当サロン独自の手法です。

 

メニュー